ITコーディネータ資格 FAQ


このページは、ITコーディネータ資格についてお問い合わせいただいた内容をもとに記載しています。

 

◆ITC試験&ケース研修ガイダンスで紹介したリンク先

◆ITコーディネータとは

 ITコーディネータは、企業や公的機関、自治体などの情報技術化(IT化)をサポートする専門的なアドバイザーです。

 企業の経営戦略(公的機関や自治体の場合は事業戦略や行政運営戦略など)に沿って、IT戦略やIT利活用といった一連かつ一貫したIT投資のサポートに尽力するのがITコーディネータの大きな特徴です。ITコーディネータは、事業者とITシステム供給事業者の双方にとって、有益かつ実効性のある事業者の競争力を高めるITシステムを提案します。

 それゆえ、単にITシステムを提案するのではなく、まず企業の現状を把握し、今後のあるべき姿を明確にした上で、そのあるべき姿に到達するために必要なITシステムを提案していくという流れをとるのが一般的な方法です。

 具体的には、「IT経営成熟度診断ツール」などを使用して、その企業の診断を行っていきます。この診断にはITに関する項目はもちろんのこと、経営そのものに関する項目や経営者の考えについてヒアリングする項目もあります。

 例えば「経営の見える化」「情報を共有して業務効率向上」「生産部材在庫の適正管理」といっても言葉では易しく、各現場作業で管理する項目はバラバラで多種多様な判断をされていますから一筋縄ではいかない。経営課題の解消に向けて、ひとつひとつ解きほぐしながら、実効性のあるITシステムの形を描いていきます。

 このようにITコーディネータは、経営全般から見た最適なITは何かという切り口でアドバイスします。

 

資格詳細

 ITコーディネータは、経済産業省が推進する資格で、2001年に通商産業省(現・経済産業省)によって設けられた民間資格です。資格取得者は約14000名、資格保有者(維持している者)は約6500名です。

 ITコーディネータは経営者の視点に立って企業経営の未来のためにIT投資に関する的確な支援をおこなうことを使命としています。したがってIT系の資格といっても、技術の開発や導入を最終的な目的としていません。

 

活躍場所

 ITコーディネータは、大企業や官公庁、地方自治体といった大組織のほか、中堅企業や中小企業といった中小規模の会社組織でも活躍しています。業種も多種多様で、製造業や小売業、サービス業、病院、学校、農業法人などなど、ITの活用が経営を改善しうるあらゆる分野でその能力が求められています。ITコーディネータの多くは企業に所属し、IT部門で自社の経営に貢献していますが、独立して中小企業のIT化を支援している人も少なくありません。

 

収入と将来性

 いわゆる「IT革命」「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」がもたらした社会の変化は、ビジネスの世界にもっとも大きな影響を及ぼしました。現在はあらゆる業種でIT化なくして経営の発展が成し得ないほどになっています。

 しかし、経営とITの双方に精通した人材は不足しているのが現状です。ITコーディネータの需要はきわめて高く、特に外部の専門家に頼りたい中小企業から大きな期待を寄せられています。独立開業も含めて、ITコーディネータは将来性のある資格です。また、企業によっては、社員にこの資格の取得を奨励していたり、昇給や昇進の判断材料にしているケースもあります。

 

向いている人

  経営とITの両面からのアプローチが求められるので、すでにどちらか一方に関わっている人であれば、比較的、容易に取得できるでしょう。

 たとえば経営者や経営指導者、公認会計士、税理士、中小企業診断士、あるいはIT技術者やITコンサルタント、ITシステム供給事業者の営業職の人などです。また、ITコーディネータは、ITパスポート試験などIT系の資格を取得していて、さらなるスキルアップを目指す人にも最適な目標となります。

 ノウハウの蓄積と更新が重要なので、常に新しい経営およびITの知識を追い求めることができる探究心おうせいな人に向いています。

◆2020年度 試験・ケース研修日程

出所:ITコーディネータ協会

◆ITコーディネータ資格とは

ITコーディネータ資格は経済産業省の推進資格です。 

 

毎年資格更新が義務付けられていて、常に最新の質の良いサービスを提供することでITコーディネータの信頼性の高さを証明しています。

 

ITコーディネータは、

  • あらゆる情報化投資に応えられるだけの広く深い専門知識と、それを使いこなすことができます。
  • 企業などの経営戦略の策定やITシステムの導入・運用までトータルにコーディネートすることができます。
  • 企業に合ったビジネスモデルを構築し「どうすれば儲かるのか?」など経営者目線の立場に立って適切なアドバイスをおこなえます。
  • システムの専門家だけではできない経営面もサポートが可能で、経営者の希望する環境作りを実践し、経営戦略の実現に向けたアドバイスをおこなえます。

  

このように広い視野と企業の経営課題に応えるために、経営とシステムの両面から企業を支えるための知識が必要な資格です。 

 

ゆえに、ITコーディネータ資格を取得するということは、真に経営に役立つIT利活用に向け、経営者の立場に立ったアドバイスと支援を行い、IT経営を実現する人材ですよ、といった認証(certification)を受けるということになります。

 

ITコーディネータの資格認定・更新は、特定非営利活動法人ITコーディネータ協会がおこなっています。

当社は、この認定に必要な「ケース研修」の実施機関として協会に登録しており、インストラクターは協会の会員です。

◆ITコーディネータが行える独占業務は?

 

 ITコーディネータ資格を有する者のみが、特定の業務を行えるといった法令の定めはありません。つまり、ITコーディネータ資格は業務独占資格ではないのです。

 

 ITコーディネータの多くは、経営系、IT系の専門知見、専門資格を持った人材です。そして、各地域のコミュニティやITコーディネータによるネットワークを通じ、企業の課題に対し幅広い専門性を持ったサポートを行っています。

 

  

 ITコーディネータのスキルやノウハウを活かすシーンは・・・・ 

  

 ≫情報処理サービス業の営業職の皆さまへ

  • 戦略的思考による超上流へアプローチする基礎を学び、提案型SEへシフト!  
  • 社外のITコーディネータとの連携を営業力強化の強力な武器に!
  • お客様のキーマンの心を掴んで企業に密着した支援の展開に!

 

 ≫すべての企業の経営企画職、システム企画職の皆さまへ

  • 戦略的思考による情報化戦略やシステム企画の策定を確かなものに!
  • ビジネスを実現するために求められるITを導入、活用する推進役に!

 

 ≫公共団体のシステム企画職の皆さまへ

  • 公共サービスを提供するために求められるITを調達する推進役に!

 

 ≫経営コンサルタントして独立を検討されている皆さまへ

  • 総合的で実践的なコンサルティングの構成要素を学び、営業力、コンサルティング力の向上に!
  • ITコーディネータとの連携を営業力強化の強力な武器に! 

 

◆ITコーディネータ資格を取得するためには?

 

 【 ITC試験の合格 】と【 ケース研修の修了 】の両方が必要です。

◆ITコーディネータ試験の勉強法は?

 

 ITコーディネータ試験では、IT経営推進プロセスガイドラインの理解を前提とした事例を問う内容が出題されます。

 

(1)以下のガイドラインを理解します

  IT経営推進プロセスガイドライン Ver.3.1

 

   [point]

  • ITC試験の出題範囲と項目を理解する
  • IT経営プロセスのそれぞれのプロセスやフェーズにおける考え方、基本原則、プロセスの意味を理解する
  • IT経営プロセス/スキル定義の知識項目

 

(2)サンプル問題や想定問題集を解いて試験問題への対応力を高めます。

≫ ITコーディネータ協会 サンプル問題 (pdf) 

≫ キーマンズネットの「ITキャパチャージ」

 

(3)試験対策のみならず ITコーディネータのスキルを高めます。

≫ ITコーディネータ協会の認定教材

 

(4) ITコーディネータ試験の合格率は60%~70%

  100点満点中およそ60点が合格ラインです。

  ≫ ITコーディネータ試験合格者数推移

 

 

◆資格の取得や維持にどれくらいの費用がかかりますか?

 

(1) ITコーディネータ資格を取得するための費用

  • ITコーディネータ資格認定 ケース研修受講料 220,000円(税込)
  • ITコーディネータ試験受験料 19,800円(税込)
  • 資格認定登録料 22,000円(税込)

そのほか、必要に応じて、参考書や研修などの費用がかかります。

 

(2) ITコーディネータ資格を維持するための費用

 

資格更新

  • 資格取得後の2年目から毎年、資格更新登録料 22,000円(税込) 

フォローアップ研修

3回目の資格更新(資格認定後最長3年)までにITコーディネータ協会が主催するフォローアップ研修を3講座受講する必要があります。3講座のうち2講座は集合研修が必須です。
  • 集合研修 33,000円(税込)
  • eラーニング 5,500円(税込)
  • ITコーディネータ活動のための費用 年間数千円~数万円です。

その他

資格更新のために必要な実践力ポイントを取得するために、自主勉強会、セミナーなどへの参加やITコーディネータ活動が必要です。

◆ケース研修ではどのような演習をするのですか?

 グループ演習では、仮想企業を題材にした演習を通じて「経営にITを活かす」の各シーンを模擬体験します。

 

 各シーンは、

  • 経営環境の認識・分析
  • 経営戦略立案
  • 業務改革・IT戦略立案
  • IT利活用 など

12の模擬体験演習

経営環境の認識・分析

DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題1
変革のための企業体質の確立と変革への気づき
変革に向けての課題の抽出
本質的な課題の理解
解決策の検討と策定
課題解決策候補と目指すべき経営ビジョンの決定
変革構想書の作成と変革の表明

 


経営戦略立案

DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題2
企業理念・使命および経営者の思いの確認
外部経営環境および内部経営環境の情報収集
外部経営ミクロ環境情報収集
外部経営マクロ環境情報収集
内部経営環境情報収集

 


DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題3
経営環境分析の実施
経営課題の導出
CSF(案)の導出
経営ビジョン(案)とビジネスモデル(案)の構築

 


DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題4
経営リスクの特定
経営リスクの分析と評価
経営リスクの対応案
経営リスク顕在化時の対応案

 


DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題5
 経営ビジョン、ビジネスモデル、CSFの最終決定
経営戦略目標の決定
KPIの定義
経営戦略実行の組織体制の設定
経営戦略企画書の作成

 


DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題6
中期の経営計画への展開
中期経営計画の再確認
中期経営計画書の作成

 


業務改革・IT戦略立案

DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題7
現状業務プロセスの分析
IT領域環境分析
目標業務プロセスの決定
目標IT環境の策定
基本方針、達成評価指標、目標値
IT環境構築の基本方針
目標ITサービスレベルの設定
IT戦略企画書の作成

 


IT利活用

DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題8
調達評価基準書の作成
RFPの作成
RFPの発行と調達先の選定、契約

 


DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題9
IT導入マネジメント

 


DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題10
SLMの実施
IT戦略の達成度評価
経営戦略達成度評価

 


経営の持続的成長認識

DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題11
SLMの実施
IT戦略の達成度評価
経営戦略達成度評価

 


経営変革マネジメント

DX時代のITコーディネータ「ケース研修」課題12
変革マネジメント体制の構築
変革の実行状況の把握と是正