ケース研修に関するよくある質問

ITCケース研修について、お問い合わせいただいた質問をまとめました。

 

●研修スケジュール

 研修は4つのステージに分かれていて、各ステージの集合研修の前後では個人学習があります。

第1ステージ

 経営環境の認識・分析


第2ステージ

 経営戦略立案


第3ステージ

 業務改革・IT戦略立案

 IT利活用


第4ステージ

 経営の持続的成長認識

 経営変革マネジメント


期間と曜日が異なる5コースがあります。

≫研修日程はこちら

①水木曜コース(7週間)

7週間の水木曜コースです。

各ステージの間隔が隔週であるため、レポート課題をじっくり実施する余裕があります。

ITコーディネータ「ケース研修」新橋、秋田、オンラインの募集

②土曜コース(9週間)・③日曜コース(9週間)

土曜日固定または日曜日固定の9週間のコースです。

各ステージの間隔が隔週であるため、レポート課題をじっくりと実施する余裕があります。

ITコーディネータ「ケース研修」新橋、秋田、オンラインの募集

④水曜コース(6週間)

毎水曜日の6週間のコースです。

各ステージの間隔が1週間であるため、短期間で集中的に学習を進めたい方に適しています。

ITコーディネータ「ケース研修」新橋、秋田、オンラインの募集

⑤土日曜コース(4週間)

4週間の土日曜コースです。

各ステージの間隔が1週間であるため、短期間で集中的に学習を進めたい方に適しています。

ITコーディネータ「ケース研修」新橋、秋田、オンラインの募集

●個人学習について

 学習効果を高めるために、6日間の研修以外に個人学習(事前学習と事後学習)があります。

 事前学習:動画視聴、ケース資料の読み込み、など

 事後学習:経営戦略企画書やIT戦略企画書の作成、など

  • 集合研修1日目の前までに、動画視聴とケース資料の読み込みをおこないます。
  • 集合研修2日目の前までに、事後学習とケース資料の読み込みをおこないます。集合研修4日目や6日目の前も同様です。
  • 集合研修6日目の後には、事後学習をおこないます。
  • 動画視聴に必要なパソコン環境について
    【 Windows 10/11 】Edge, Chrome, Firefox
    【 Mac 】Safari, Chrome, Firefox

●個人学習に必要な時間

 個人の学習時間はあくまで参考です。

 学習の探求に限りはありませんので、この時間を最小限とお考えください。

  • 動画の視聴 140分
  • 事前課題 6時間(約90分 × 4回)
  • レポート課題 8時間(約120分 × 4回)

●研修修了基準

 以下を全て満たす必要があります。

  • 研修に積極的に取り組むこと。
  • 動画をすべて視聴すること。
  • 事前課題①~④、レポート課題①~④をすべて提出すること。
  • アンケートにすべて回答すること。
  • 研修に5日間以上出席すること。(遅刻・早退・欠席の合計が7時間30分以内であること)
    やむを得ない理由により5日間に満たない場合は別途補講などで補うことがあります。

●グループ演習

原則、会場参加者のグループとオンライン参加者のグループをつくります。

会場のグループは3~4名、オンラインのグループは2~3名でグループ演習をおこない、演習内容の発表や質疑応答はコース全体でおこないます。

ただし、会場参加者が2名以下の場合は、オンライン参加への変更をお願いすることがありますのでご了承ください。

また、ご要望に応じて、会場参加者とオンライン参加者を混成してグループを構成することもあります。

●オンライン参加のパソコン環境

  1. オンライン参加に必要な機器類をご用意ください。
    ・マイク、スピーカー、カメラが接続または内蔵されたパソコン。
    ・オンライン会議アプリは Zoom meetings を使用します。
    ・オンライン会議アプリが動作するインターネット通信環境。
    ・演習の際に MS PowerPoint があると便利ですが必須ではありません。
  2. ウェブ会議アプリを利用したグループ演習を初めてされる場合でも、事前に操作練習していただけますのでご安心ください。
  3. 受講者同士による議論やプレゼンテーションを行いますので「顔出し」必須です。

●集合研修とオンライン参加

*集合研修

対面でのリアルな体験が可能

講義、グループワーク、プレゼンテーションなどのカリキュラムに研修会場で参加できます。

ITコーディネータ「ケース研修」新橋、茨城、秋田、オンラインの募集

集合研修の特長

✅講義はインストラクタと参加者が双方向にコミュニケーションを図ることができる利点を重視しておこないます。

参加者同士のフリーディスカッションによる演習は3~4名のグループに分かれておこないます。

演習結果の発表・質疑応答はウェブ会議アプリを通してオンライン参加者を含むコース全体でおこないます。

会場:新橋会場、秋田会場

*オンライン参加

ライブ配信で職場や自宅にいながら参加

講義、グループワーク、プレゼンテーションなどのカリキュラムに勤務先や自宅などから場所の制約にとらわれずに参加できます。

ITコーディネータ「ケース研修」新橋、茨城、秋田、オンラインの募集

オンライン参加の特長

✅講義はインストラクタと参加者が双方向にコミュニケーションを図ることができる利点を重視しておこないます。

参加者同士のフリーディスカッションによる演習は2~3名のグループに分かれておこないます。

演習結果の発表・質疑応答はウェブ会議アプリを通して会場参加者を含むコース全体でおこないます。

各グループにITC資格者が加わり丁寧なフォローを受けられます。


●受講者の声

オンライン受講自体が初めてで不安でしたが、インストラクターがアットホームな雰囲気つくりをしていただいたおかげで、安心して受講できました。

遠隔地の方ともコミュニケーションを十分に図ることができ、良い機会になった。

(49歳)

少人数のグループ編成のため、議論をできる時間が多く、良い経験となった。

(29歳)

経営戦略策定からITサービス活用までの各ステップの具体例について、理解することができた。又、いろいろな企業、背景をもった方とグループ討議することができ、考え方、見方を広くすることができた。

(58歳)

個性的な方が多く、諸々、参考になることが多く刺激を受けました。

(44歳)

インストラクターの話し、社交性、知的好奇心がよかった。

(37歳)

ITC試験対策講座の際、模擬試験で基本問題の得点が50%だったので、正直、危機感を覚えた次第です。

ご指導頂いた問題集(100問)とキーマンズネットの問題を繰り返し学習しました。

ご指導ありがとうございました。

 (55歳)

一昨日受験し、お蔭様で合格することが出来ました。

そして、皆さま ご支援ありがとうございました。今は、本当に、本当に、ホッとしています。

私は、120分100問の受験でした。途中休憩なしという事でしたので、途中で集中力が何度も途切れ、試験を終了するだけで脳みそと体力の限界を通り越しました。

資格試験の受験も初めてでしたので、どのように勉強したらよいものか全くわかりませんでした。そこで、試験対策の講習時にうかがった様に、テキストを3回以上読もうと思いました。しかし、読むのには結構時間がかかるので、抜粋版を作りました。

抜粋版は、主に各フェーズの「ITCの役割」と、「原則」と「プロセス」については主に『留意点』中心に書き出しました。それを、3回は読み返しました。そのうちに、流れと「雰囲気」がわかってきたように思います。あと、問題集を3回やりました。

ご参考になれば幸いです。

(60歳)

プロセスガイドラインの全体像を演習を通して理解できて良かった。

普段交わることのない社外の方と話をすることができ、視点の違いなど、学ぶことが多かった。

オンライン研修ということで遠くの研修会場へ行かずとも受講できた点がいろいろな意味で良かった。

 (36歳)

具体的な演習であったので、ガイドラインを読むより理解力が増し、IT経営について一通りの流れを理解することができた。

初めてのオンライン研修でしたが、特に困ったこともなく、今後もオンライン研修等があれば積極的に受講したいと考えています。

(60歳)

通学コースを選択し良かったと感じております。

先生の雰囲気作りも驚くほど上手で1日目からメンバーで切磋琢磨し充実した研修となりました。

メンバーと話し合い、先生に相談し、経営者役で発表し、まるでプロジェクトチームに参加している雰囲気でした。

6日間毎回ワクワクしながら参加できました。ありがとうございます。

 (52歳)

いままで行っていた戦略策定という仕事が、きっちりしたセオリーに則っておこなう演習を通して学ぶことにより、迷いや不安を取り除くことができました。

経験と勘、それに断片的に教えてもらった仕事のやり方で、自分なりに組み立てて進めていたため、ややもすると自信のないものになりがちでしたが、自信をもって仕事ができるようになった気がします。

今回の研修は、仕事を進めるうえで随分実になるものだったと感謝です。研修を通して学んだことを実際の業務に活かしていきたいと思います。

(49歳)