経営体感研修

一社研修も承ります。別途お見積りさせていただいております。

貴社のご要望に応じて、カリキュラムやタイムスケジュールをカスタマイズすることができます。


ご要望をお聞かせください。 ≫ お問合わせフォーム

研修の特長

  • 貴社向けのカスタマイズが可能な柔軟な研修プログラム
  • 研修後の行動定着フォローも視野に入れての人財育成のためのプログラム


受講者の3つの研修効果

  1.  受講者が経験したことのない、経営戦略部門や情報戦略部門などの戦略策定業務の体験
  2.  経営戦略と情報戦略を策定するベストプラクティスの体験による現状とのギャップの気づき
  3.  新たな仕事経験につながる具体的な課題の獲得


組織の3つの期待効果

  1. 新たな気づきと課題認識を得られ、仕事への取り組み姿勢が変化した人財の開発
  2. プロジェクト管理やITなどに関する、社員が保有されている知識や技術のさらなる活用
  3. 仕事経験を一緒に振り返り、対話を通じて気づきを引き出せる風土





◆研修の目的

 経営戦略からIT戦略策定までの一連のプロセスを、ケース企業を用いた演習によって、

  ・企業経営における経営者の視点や考え方を模擬体験*すること

  ・グループ討議や発表を通じて、様々な考え方や意見・考えがあることに気づくこと

の2つです。

 

 *模擬体験:経営戦略やIT戦略の施策は、関係者のディスカッションなどの中から創造力を通じて導き出されていくものでです。この過程を模擬体験いただきます。

 

 経営体感ケース研修の趣旨は、模擬体験で得られた気づきを職場で活かしていただくことにあります。具体的には、経営環境の変化に気づき、将来のあるべき姿に近づくような業務改革や体質改善などに繋げていただくことです。

 

◆研修の目標

 ・企業の強み・弱み、事業機会、事業脅威を整理するときに必要なフレームワークを体験する。

 ・抽出された強み・弱み、事業機会、事業脅威から重点経営課題(CSF)の導き方を体験する。

 ・重点経営課題の優先順位付け、課題解決のためのアクションプランの導き方を体験する。

 

◆研修の対象者

経営幹部、経営企画、業務企画、IT企画、IT開発・運用の各部門の方

IT企業の営業、PM、上流SEの方

 

(人材像)

 ・経営環境を認識し、経営戦略の策定を推進する人材

 ・経営課題を解消するために、IT活用を踏まえた組織改革、プロセス改革をリードする人材

 ・経営戦略を理解し、IT化を推進する人材

 ・有効なIT投資の企画や評価をおこなう人材

 

◆グループでの討議や発表を中心とした参加型の研修

 本研修の成果を職場で実際に使ってもらうために、また、短期間で多くの気づきを得てもらうために、受講者が自ら学ぶ参加型の研修です。

 講義形式ではなく、グループでの討議と発表を繰り返しておこなうことで、「自身の気づき」を多く得られるプログラムとなっています。




≪ご参考≫

経営体感ケース研修 募集チラシ

経営体感ケース研修 募集チラシ

ダウンロード
経営体感ケース研修 募集チラシ
経営体感ケース研修は、経営課題を引き出し、経営改革を実現するために経営戦略策定から情報化戦略策定まで主にして、モデル企業の事例を題材に一気通貫で模擬体験いただけます。
IT経営体感ケース研修_チラシ_131214.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 256.5 KB