クイズ「55問の基本原則チャレンジ」でITC試験対策

ITコーディネータ試験では、IT経営プロセスにおける「実行基準(進め方)」と「判断基準(基本原則)」について問われます。

IT経営を成功に導く7つの基本原則

IT経営を成功に導く7つの基本原則

IT経営推進プロセスガイドラインには、「IT経営」を推進する際の、基本的な「実行基準(進め方)」「判断基準(基本原則)」が示されています。

 

「判断基準(基本原則)」の最上位には、全領域共通の「IT経営を成功に導く7つの基本原則」があります。


また、この「判断基準(基本原則)」には、全領域共通の基本原則のほかに、各領域、各プロセス、各ステップの範囲での基本原則があり、領域>プロセス>ステップの階層的包含関係があります。

 

 

IT経営を成功に導く

7つの基本原則

領域の基本原則

プロセスの基本原則

ステップの基本原則

 


実行基準(進め方)の階層は、「領域>プロセス>ステップ」に分かれている。

領域はプロセスで構成され、プロセスはステップで構成される。

 

具体的にどのように構成されているかというと。。。

こんな感じで意外と少なくて簡単そうですよね。

 

IT経営認識領域(A)

 ├変革認識プロセス(A1)

 ├変革マネジメントプロセス(A2)

 └持続的成長認識プロセス(A3)

 ※IT経営認識領域は、経営者が主導する活動

 

IT経営実現領域(B)

 ├経営戦略プロセス(B1)

 ├業務改革プロセス(B2)

 ├IT戦略プロセス(B3)

 └IT利活用プロセス(B4)

   ├資源調達ステップ(B4-1)

   ├導入ステップ(B4-2)

   └ITサービス利活用ステップ(B4-3)

 ※IT経営実現領域は、経営者の意を受けたIT経営を推進する実務者が主導する活動

 

IT経営共通領域(C)

 ├プロジェクトマネジメント(C1)

 ├モニタリング&コントロール(C2)

 └コミュニケーション(C3)

 ※IT経営共通領域は、経営者やIT経営を推進する実務者が備えておくべき考え方やスキル

 

55問の基本原則チャレンジは

55個ある基本原則について、その基本原則と領域・プロセスの組み合わせを答えるクイズで、今なら無料で何回でもチャレンジできます。

ITコーディネータ試験基本問題
クイズ出題例
ITコーディネータ試験基本問題
クイズ回答例