· 

マーケティング基本戦略の要素

マーケティングミックスの具体的な打ち手としては、4Pと呼ばれるProduct(製品)・Price(価格)・Place(流通チャネルなど)・Promotion(コミュニケーション)の4つがあります。これらの打ち手を組み合わせる(ミックスする)ことで、マーケティング基本戦略を具現化します。

1.      基本戦略

(ア)  ターゲット設定

(イ)  ポジショニング

 

2.      具体的施策

(ア)  製品戦略

     対象(ターゲット像):誰が使うのか?

     利用シーン:いつどこで何に使われるのか?

     顧客ベネフィット:主な価値は何か?

     製品価値構造

1.      中核

(ア)  ベネフィット

2.      実態

(ア)  パッケージ

(イ)  特徴

(ウ)  デザイン

(エ)  品質水準

(オ)  ブランド

3.      付随機能

(ア)  設置

(イ)  アフターサービス

(ウ)  保証

(エ)  納品方法

(オ)  支払方法

     ホールプロダクト

1.      コアプロダクト

2.      期待プロダクト

3.      拡張プロダクト

4.      理想プロダクト

 

(イ)  価格戦略

     スキミングプライシング

     ペネトレーションプライシング

     顧客価値と価格設定

1.      コスト基準型プライシング

2.      競争基準型プライシング

3.      マーケティング戦略基準プライシング

 

(ウ)  流通戦略

     流通チャネルの役割

1.      調査

2.      プロモーション

3.      接触

4.      交渉

5.      適合

6.      物流

7.      資金

     流通チャネルの長さ

1.      ゼロ段階チャネル(直販)

2.      1段階チャネル(自社→小売→顧客)

3.      2段階チャネル(自社→卸売→小売→顧客)

4.      3段階チャネル(自社→卸売→二次卸→小売→顧客)

     流通チャネルの幅

1.      開放的流通政策

2.      選択的流通政策

3.      排他的流通政策

 

(エ)  プロモーション戦略

     プロモーション施策

1.      広告

2.      販売促進

3.      人的販売

4.      広報(PR)

     態度変容モデルと関連施策

1.      A:Attention 注意

(ア)  広告

(イ)  広報

2.      I:Interest 関心

(ア)  広告

(イ)  広報

3.      D:Desire 欲求

(ア)  販売促進

(イ)  人的販売

4.      M:Memory 記憶

(ア)  販売促進

(イ)  人的販売

5.      A:Action 購入

(ア)  人的販売