· 

英会話に慣れ親める「ビジネスの稽古場」に参加してきました

去る12月13日に、東京-三田トーストマスターズ・クラブ主催の「プレゼン・スピーチ演習会」に始めて参加しました。

 

参加の動機は、ビジネス・コミュニケーション力の向上と英会話に親しめる機会をつくりたかったからだ。

 

今回の「プレゼン・スピーチ演習会」では、日本語8割、英語2割という触れ込みだったので、英語がとても苦手な私にとって、英語に慣れ親しむ切っ掛けになるならばと思って参加した。

ところが、そんな考えは甘かった💦

 

今回の参加者のうち、英語が苦手なのは私だけのようでした(笑)

笑い事ではない(いや~な汗がタラタラ)

 

ほかの皆さんによる英語でのスピーチやゲームはチンプンカンプンで、「親しむ」よりは「苦しむ」時間であった(爆)

 

そんな中でも救い(というよりは、本当に不幸中の幸い)だったのは、日本語の割合が多かったこと。

そのお陰で、会の進行にはなんとか後れを取らずについていけた。 

 

私の中学生未満の英語力では、今後、心もとない。

このまま上達しないと(上達しなければならない特段の理由はないが)、2年後には小学3年生にも劣ってしまうのは確実だ😃💦

 

「継続は力なり」と言われるので、次回も参加しようとは思う!?

 

次回の案内は・・・・・

ITコーディネータ協会サイトでも受け付けている

➡ 申込サイト

 

英会話に慣れ親しみたいと思う方がいらっしゃれば、是非ご一緒しませんか!?

  

申込サイトからの申し込みが面倒であれば、こちらの 問い合わせフォーム から御一報くださってもかまいません。私から主催者に伝えることもできますので🎶

 

 

私としては、(勝手ながら)同じレベルのお仲間が欲し~い!!

 

 

日本語8割、英語2割だから精神的な苦痛も和らぐ

何を甘いことをとおっしゃる方もいると思いますが、冷や汗タラタラ、精神崩壊の寸前でした。

 

昔のことだけど、ある講座に参加した際に、そのネイティブ講師からの質問を全く聞き取れなくて、とても恥ずかしい思いをしたことを思い出す。英語は怖いものと思っている私にとって、実は、次回の参加さえも重く感じるのだ。

 

だからダメなんだけど・・・・今は温い雰囲気に囲まれた中で、ほんの少しずつの上達を信じている

 

 

トーストマスターズ・クラブは歴史もあって、カリキュラムもバッチリ

約2時間の演習会では、分刻みのタイムスケジュールが組まれており、参加者ごとに役割を決めて進行する素敵なクラブでした。進行役、スピーカー、タイムキーパー、レビューアー、語彙や発音の評価者、全体の評価者などの役割を参加者それぞれが担っているのです。

 

 

ビジネス・コミュニケーション英会話向上されたい方がおられましたら、ぜひぜひご一緒しましょう

 

ご連絡をお待ちしております。

➡ 申込サイト