· 

経営課題の解決のためのITサービス・レシピについて

日本商工会議所は、中小企業の経営課題の解決のために導入・利用されているITサービス(ツール)について、その活用イメージを想起できる活用例を「ITサービス・レシピ」として公表しています。

 

このITサービス・レシピは、クラウドを中心とした主なITサービス(ツール)の活用例を、経営課題別・業種別に整理したものです。

 

 

【ITサービス・レシピの特長】

 

1.レシピは、個々の「経営課題」に対応する形式で

  • 有効な解決手段となり得る「代表的なITサービス(ツール)」
  • 期待される「経営効果」

 を記載している。

 

2.経営者の方々が、日頃から抱えている経営課題に基づき、比較的簡便にIT導入・活用のイメージができるガイダンスとなっている。

 

3.ITサービス(ツール)をすべて網羅するのではなく、あくまでも手がかりとなるツールを例示している。

 

 

【まずはITサービス(ツール)の活用イメージをもつ】

 

これらの多くのITサービス(ツール)の中から自社に合ったものを探し出すためには、生産性向上(※)について、まずは自社の経営課題に沿って、有用なITサービス(ツール)の活用イメージをお持ちいただくことが必要です。

   

※生産性向上の視点

  

◎付加価値の向上

  1. 新規顧客層への展開
  2. 商圏の拡大
  3. 独自性・独創性の発揮
  4. ブランド力の強化
  5. 顧客満足度の向上
  6. 価値や品質の見える化
  7. 機能分化・連携
  8. IT 利活用(付加価値向上に繋がる利活用) 

◎効率の向上

  1. サービス提供プロセスの改善
  2. IT利活用(効率化に繋げるための利活用)

(出典:経済産業省「中小サービス事業者の生産性向上のためのガイドライン」)

 

➡ ITサービス・レシピ(日本商工会議所サイト) 

  https://www.jcci.or.jp/joho/1MCo/recipe/03_recipe.pdf

 

 

 


IKCでは、クライアント企業の経営課題に沿って、有用なITサービス(ツール)の活用イメージをお持ちいただくための、IT戦略のプランニングを提供しております。