· 

モバイルフレンドリー対策について

話のトレーニングジム / ヒューマン話し方教室

 

Googleは、スマホ対応しているかどうかを

モバイル検索のランキング要素として使用することを発表しています。

 

4月21日からの導入を予定しており、こちらを「モバイルフレンドリー」と呼びます。

 

スマートフォンから検索した時に、スマホ化されているサイトが優先的に上位表示されるようです。

現時点は、スマホ対応サイトであれば「スマホ対応」と表示されます(右図)。

 

Googleウェブマスター向け公式ブログには、

「この変更は世界中の全言語のモバイル検索に影響を与え、 Google の検索結果に大きな変化をもたらします。」

とあります。

 

スマホで参照されることが多いサイトでは対応が必要と思われます。

 

ウェブマスター向け公式ブログ「検索結果をもっとモバイル フレンドリーに」Googleウェブマスター向け公式ブログへ

 

モバイルフレンドリーテストをしてみました

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテストをしたいサイトのURLを入力するだけで、簡単にテストできます。

Googleサイトで、モバイルフレンドリーテストをおこなってみましょう。



モバイルからのアクセス状況を把握できていますか

スマホからのアクセス状況はGoogle アナリティクスを使って簡単に確認できます。

   パソコンからのアクセスが多いのか

   スマホからのアクセスが多いのかを確認できます。

Googleからのメールをお見逃しなく

Google Webmaster Tools Team より、管理者宛てにメールが届いていることがあります。

それは、「モバイル ユーザビリティ上の問題が検出された」という趣旨です。

下のようなメールが届いたならば、早急に対応していきましょう。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

http://**********/ でモバイル ユーザビリティ上の問題が検出されました

http://**********/ のウェブマスター様

Google のシステムは、貴サイトの 23 ページをテストし、そのうちの 100% に重大なモバイル ユーザビリティ上の問題を検出しました。この 23 ページの問題の影響で、モバイル ユーザーは貴サイトを十分に表示して楽しむことができません。これらのページは Google 検索でモバイル フレンドリーとは見なされないため、スマートフォン ユーザーにはそのように表示、ランク付けされます。

この問題の修正方法:

1

問題のページを特定する

サイトで検出されたモバイル フレンドリーではないページのレポートと、検出された問題を確認します。

モバイルの問題を調べる
2

モバイル フレンドリーなページの作成方法を確認する

サイトは、さまざまな技術を利用してモバイル フレンドリーにすることができます。特に、ウェブマスター ツールで指摘されている問題について情報を確認します。

ガイドラインに従う
3 サイトのモバイル ユーザビリティ上の問題を修正する
サイトがモバイル フレンドリーになるよう問題を修正します。