· 

小規模事業者持続化補助金 公募要領の一部改訂

補助対象経費のうち、委託費および外注費の上限が変更になりました。

 

委託費および外注費の補助金額の上限は50%となっていましたが、当該要件が削除された結果、委託費、外注費について、補助金額の上限設定が無くなりました。

 

-----------------

※平成25年度補正 小規模事業者持続化補助金【第1次公募要領】より抜粋

小規模事業者持続化補助金 公募要領 一部改訂

 

第2次受付締切は、平成26年5月27日(火)17時必着となっています。

 
◆目的

 わが国の小規模事業者のほとんどは経営資源が不足していることから、全国にネットワークを持ち、地域に密着している商工会議所を活用しながら、人口減少や高齢化などによる地域の需要の変化に応じた持続的な経営に向けた取り組みを支援し、地域の原動力となる小規模事業者の活性化を図ります。

 本事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓(創意工夫による売り方やデザイン改変等)などの取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。

 

◆主な対象者

製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業は除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者であること。

 

◆支援内容・補助額

○対象経費

 機械装置等購入費、広報費、展示会等出展費、旅費、委託費等 など。

○補助上限額

 50万円。雇用を増加させる取組については、補助上限100万円

○補助率

 3分の2

 

◆公募期間

1次公募:平成26年2月27日(木)~5月27日(火)

  一次締切:終了

  二次締切:5月27日(火)

 

(詳しくはこちら)

● 商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方

● 商工会の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方

ちょっとしたご相談から承ります。もちろんご相談は無料です。

  • 貴社の事業に合った補助金の申請にチャレンジしてみたい。
  • どの「補助金・助成金」が合っているのかわからない。
  • 内容に自信をもって申請したい。
  • など申請に係わることならお気軽にご相談ください。