· 

SWOT分析の前にすべきこと

 SWOT分析は、経営戦略を立てたり、中期経営計画を策定する際に、自社の状況を分析するのに活用されます。

 自社の状況を内部環境と外部環境に整理し、自社の今後の進むべき道や戦略代替案を導き出すフレームワークです。

 

 このSWOT分析では自社の状況を4つの象限「強み」「弱み」「機会」「脅威」に分類して整理しますが、ただ闇雲に列挙しても、的外れであったり、アイディアがすぐに尽きたりします。

 そうならないためには、自社の内部環境と外部環境を的確に理解するための準備が大切です。

  

 内部環境を理解するためのツールとして、

 ・バリューチェーン

 ・日本経営品質賞 経営モデル

 ・ビジネスエクセレンスモデル

 などがあります。

 外部環境を理解するためのツールとして、

 ・5フォース

 ・PEST

 などがあります。

 

 次回以降、これらツールの活用法を解説いたします。