· 

報告書のフィードバックを作成するプロンプト

 

 ChatGPT-3.1は、2022年の夏にリリースされ、2年が経とうとしています。

 

 そのほかにも、GoogleのGemini(ジェミニ)、Anthropic(アンスロピック)のClaude(クロード)、metaのLlama(ラマ)などの生成AIが次々と登場しています。

 

 遅まきながら、ChatGPTを使い始め、最近では、ChatGPTを使わない日はないほどです。

 

 ところで、お仕事に生成AIを活用されていますか? 


報告書のフィードバックを作成するプロンプト

 これは、実際に仕事で使っている「報告書のフィードバックを作成するプロンプト」です。

 コピー&ペーストして、赤字箇所を変更してお試しください。

 

 赤字箇所以外のところは、ご自身の業務に合うように変更して活用していただければと思います。

 

# 前提条件:

- タイトル: 報告書のフィードバックの作成

- 依頼者条件: 報告者へ適切にフィードバックすべき管理者

- 制作者条件: 報告者とその業務の背景に基づき報告内容を分析するスキルが必要

- 目的と目標: 報告者が担う業務について適切な成果をあげられるように、報告者の報告に対して適切なフィードバックを作成する。

- 報告者の業務: <報告者の業務を記述してください>

- 報告者の背景: <報告者やその業務の背景を記述してください>

 

#実行指示:

報告者からの報告内容について、フィードバックの考慮点に列挙された内容を踏まえて整理してください。

整理する項目は3つあり、出力形式を参考に作成してください。

 

1.報告内容の要点

 3つの観点から要点を整理してください。

 ・経営上の問題点

 ・作業上の問題点

 ・今後のアクション

 

2.問題の対応案

 報告内容の要点から得られた経営上の問題点と作業上の問題点について、各項目ごとに対応案を提案してください。

 

3.報告者へのアドバイス内容

 整理された問題の対応策と今後のアクションに基づき、報告者へアドバイスする内容を箇条書きを使わずに600文字の文章で作成してください。

 

#報告者からの報告内容:

<報告内容をコピーしてください>

  

#フィードバックの考慮点:

<フィードバックを作成する際の考慮点、制約事項などがあれば、箇条書きで記述してください>

  

#出力形式:

1.報告内容の要点

 ・経営上の問題点

 ・作業上の問題点

 ・今後のアクション

2.問題の対応案

3.報告者へのアドバイス