NEWS


クロスSWOT分析(問題点・課題の導出)

 「強み」と「弱み」、「機会」と「脅威」から、今後検討すべき問題点・課題(戦略オプション)を導出します。

 

 ここで導出する問題点・課題は、「○○して××する(または、××のために○○する)」という行動系表現を使うことにより、発想しやすくなります。

■問題点・課題(戦略オプション)の導出

 「強み×機会」、「強み×脅威」、「弱み×機会」、「弱み×脅威」の4項目について、できるだけ多くの案を出します。

 

 例えば

  • 年次計画向けの戦略オプションならば短期的な案(結果が出るのが1年以内)を出す。
  • 中期経営計画向けならば中長期的な案(結果が出るのが1年超)を出す。

 

 案を記入する際は、何と何の組み合わせで案が出されたのかわかるように、事前に「機会」「脅威」「強み」「弱み」に記号を付けておきます。

 

 

 

■問題点・課題(戦略オプション)の分類

導出された案を、経営内部環境を分析する際に使った視点を使って分類します。

  • 製品・サービス
  • 販売・マーケティング
  • 人材・組織
  • マネジメント
  • 技術・ノウハウ
  • 生産
  • 設備・資産
  • 財務
  • 企業文化・風土
  • など

上記項目は事業内容によってことなりますので一例です。

 

 

 さらに、どのように取り組んでいくのかを分類します。

  • 新しく始めること
  • 強化・拡張すること
  • 効率化すること

 戦略オプションから戦略課題を策定する方法へ続く


過去の記事もご覧いただけます。下のアイコンをクッリクしてください。


お知らせ
中小企業のための経営力強化通信
ブログ